スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵 ( Hi-Fi Tape ) 

  ハイファイテープ
  
hifitape7e2Mmmmfff.jpg

 

「テープって初めて聞いたけど、おもしろい音がするんだねえ。mpegとかより、あったかいかんじ。」



こんにちは。昭和生まれのテープ世代です!

「中村貴子」の「ミュージックスクエア」を「テープ」で「エアチェック」してました。
「録音と再生を同時に押」さなきゃならないのが「ダビング」のつらいところだな。「鉛筆でくるくる頭出し」はできてるか!?おれはできてる!

↑言ってる意味がわかる奴は残念ながら同志です。共に頑張って生き抜いていきましょう!

うううやっと描けましたたた。なんかやたら時間かかってしまった>< 3月中に完成させる予定だったのに。もっと早く描けるようになりたいです。相変わらずの嘘パースでゴメンナサイ

この絵に登場する人物二人は、自分の中で結構設定とかストーリーがついてて、これはそんな脳内物語の一場面なんですが、そんな物語的な何かが少しでも伝わったらいいなあと思います。そんでこんな感じの日常っぽい風景にロックを絡めたイラストはシリーズ化していきたいと思ってたりなんだり。

ところでこの絵に登場してるテープですが、「テープ」って今でも使ってる人ってどれだけいますか?もはやテープって「昭和の遺物」ってかんじですねw 多分レコードよりも早くこの世からなくなってしまうメディアだと思いますw レコードって意外に今でも生き残ってるしね。今はデジタル音源時代だし、廃れてきたけどMDもあるし。もう今の子供たちの多くは、っていうかほぼ全員がテープなんて知らないんだろうなああああああ。あ。あ。テープ!ラジカセ!倍速ダビング!曲間は5秒で頭出し!!

ちなみにHi-Fi(ハイファイ)とはHigh Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語で、Hi-Fiテープというのは普通のテープよりちょっといい(高い)テープのことです。昔自分は音楽を録音するときはテープはHi-Fiの奴使って録ってたなあとか思いだして描いてました。

あ、今回のギターはギブソンSG。実はSGってあのコテコテなかんじのボディの形が個人的にあんまり気に入らなかったんですが、描いてみたら不思議なことに意外としっくりくるもんですね。食わず嫌いでしたゴメンナサイ。SGかわいいよSG!


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://bridgesignal.blog116.fc2.com/tb.php/126-2d314192

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。