スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵 (先輩) 

 「・・・・・何?」

 kutusita11tOnelayerBS.jpg


金曜日の午後、コンクールに向けた先輩のピアノの練習に付き合わされてというかむしろ率先して付き合って
気がついたらもうすっかり夕暮れで閉校の鐘が鳴り始めてて先輩はとりあえず最後に一曲通して弾いてから
ようやく練習を切り上げて軽く背伸びをして一息ついた後にずり落ちた靴下を直しながら「もうこんな時間
・・・遅くまでごめんネ?」と言ったその瞬間、金色に染まる教室と染まらない先輩のパンツのコントラストは
美しいまでに鮮やかに僕の網膜と胸と股間を激しくBeat It!でござる、の巻。

※画像はクリックで大きくなります、の巻。





そうです。パンチラが描きたかっただけです。(^▽^)

「エロゲの一場面」みたいな感じを念頭に置きつつ描いてましたがどうでしょう。
しかし肝心の・・・エロさが・・・・エロさが足りない・・!!
着衣でもエロい感じを出せるといいんですがなかなか大変ですね。
pixivとかでパンチラ絵を見かけると結構シワとか柄とか凝ってるものが多くて、
その「パンツ愛」に脱帽するばかりです。自分はまだまだパンツ愛が足りませんね。
パンツ愛を理解するために今度頭にかぶってみたりなどしたいです。

背景が残念な感じなのは後からつけ足したからというのもありますが素直に力の限界でしょう。
うーん椅子の足が少し短い・・・というかピアノの足も?
結構調整したんですけど全体的にに微妙な感じになってしまいました。残念。


あと今回ちょっと自分で気になったところがあって、それは、「全体的に見ると何と言うか「素人くささ」が
目につく」、という点です。

ちょっとした位置取りやパースの狂い、線のブレ、密度など。
あとちょっとあれをこうすれば・・・みたいな「突っ込みどころ」がちらちら目につく感じがします。

上手い方やその道のプロの方の絵を見るとそういうツッコミどころが少ない、あるいはあっても気にならない、
そんなかんじがします。そういういわばノイズの部分が極力少ない画面作りが出来る、っていうのが
技術としてのプロのレベルなのかなあと思ったりしました。
そういうのを突き詰めていけば「イラストレーション」としてはある程度のレベルになるのではないかと。
それを自分が目指すかどうかはまた別の話ですが。

背景のなんか陽光がヒラヒラしてる感じは偶然の産物なんですがちょっと気に入ってます。
水彩で描いた面を濃度の低い消しゴムでトントンってやっただけですが。

見てる人には全くどうでもいいし違いがわからないと思いますが、
今回線画用のブラシをいくつか新しく作って実験してたりなどしているよ!
とってもどうでもいいね!そんなことより先輩の靴下をハフンハフンしたい今日この頃です。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://bridgesignal.blog116.fc2.com/tb.php/165-97b864aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。